搾りたての生のお乳『おもいやり生乳』

「想いやり生乳」は、日本で唯一加熱殺菌を

一切する必要がなく、搾ったそのままを

ビンにつめた母乳そのものの牛乳です。

「想いやり生乳」は加熱していないため、蛋白質の

焦げた嫌な臭いが一切ありません。


もちろんホモゲナイズ(均質化)していませんから、後口もすっきりです。

 


牛乳は本来胃でコロイド状に固まりゆっくり消化されます。加熱によってその機能が失われ腸に負担がかかっていますが、「想いやり生乳」ならお腹にも優しくゴロゴロしません。

牛乳の蛋白質は人間に合わないと言われてきましたが、それは加熱して変性した蛋白質のことです。

ありのままの生乳は乳幼児でも抵抗なく飲めます。栄養吸収については自然の乳に勝るものはありません。

なぜ、加熱殺菌がいらないのか。牛それぞれの個性に合わせて接し方を変えています。
1頭1頭が個性と感性を持った大切な命だからです。

もちろん牧草は無農薬・無肥料、配合飼料・遺伝子組み換え飼料動物性飼料は
一切使用しておりません。